当サイトには広告・プロモーションが含まれています。

バウンサーは双子育児に便利!ワンオペにもオススメ

双子の赤ちゃんを育てるのは超大変ですよね。
とにかく手が足りない」「横にしたら泣くし体力限界

こんな苦労を抱えていませんか?忙し過ぎて、双子を授かった喜びも吹き飛んでしまいます。

そんな方にバウンサーはオススメです。
実際に使用して記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 30代・共働き夫婦が実際に使った経験
  • 双子育児で活躍するポイント
  • 月齢ごとの使い方
目次

買って良かったところ

ワンオペでも足だけであやせる

ワンオペで双子を抱っこなんてできません。
とくに首すわり前は危なくて絶対ムリです。

バウンサーがすごいのは、「足で弾ませるだけでイイ感じに子供をあやせる」ところです。
控えめに言って神でした。

寝て休みながらでも大丈夫ですし、ご飯食べたり片手間でもできます。

うちはバウンサーに載せただけで、ちょっと機嫌良かったです。

首すわり前でも使用可能

生まれてすぐの1ヶ月から、2歳(13kg)まで使えます。

新生児の頃は夜中含め3時間おきにミルク・おむつ対応する必要がありますよね。
そんな時期にもバウンサーは使用できます。

ミルクを飲ませるときに「固定&上半身を起こす」のに使えてめっちゃ助かりました。

イマイチだったところ

場所を取る

バウンサーはそれなりに場所を取ります。幅 40 奥行 90 cmくらいです。

双子用に2つ並べると、部屋にも寄りますが一角を占めることになります。

重さは約2.1kgとまずまず軽いので、使わないときは端に置いたり、2つを重ねて置くと省スペースです。
なお折りたたむとコンパクトになるので、ソファーや机、棚のスキマに保管できます。

疲れてると片づけるのがめんどいのよね。

お値段が…

一台「1万7千円~」と正直に言って安い買い物ではありません。

使用できる対象は24ヶ月までなで、揺らす目的での使用は12ヶ月までです。
1年+アルファの期間に対して、払うべきかが考えどころです。

人によっては「高い」と感じると思います。

  • 個人的には親や親族の助けが借りれるなら、無くてもいいのかなと思います。
  • ある程度お金はあって、楽したい!という人は買ってもいいと思います。
レンタルもありますよ!

1年くらいしか使わないものを購入するのはちょっと…」と思った方、「べビレンタ」でレンタルしてみるのはいかがでしょうか?

  • 購入前に一度試したい方
  • 帰省など、一時的に使いたい方

にオススメです。ベビー用品は高い割にすぐ使わなくなるので処分に困るんですよね。
私は年末年始、実家に帰る際にレンタルしました♪

\使用感をレンタルで試してみる♪ /

SNSでも話題に

双子育児には結局二つずつ要るよね。めっちゃわかる。

月齢ごとの使い方

バウンサーは月齢ごとに違った役割で使用できます。個人的な経験ですが参考にしてもらえれば幸いです。

4ヶ月

使用パターン① 避難所
マット上で遊ぶ → 疲れてぐずる → 抱っこ → 二人目もぐずって詰む → 片方はバウンサーに避難

使用パターン② ミルクチェアー
ミルクあげる時にも使えます。

バウンサーの押さえにタオルを引いて哺乳瓶を置けば、ある程度手放しでもミルクを上げれます。
揺れちゃうので、下にタオルをはさんでます。

7ヶ月

腰が据わっていないので、二人に離乳食をあげるのにバウンサーを使っています。

この頃には自分でバウンサーを揺らして遊べるようになす。

10ヶ月

離乳食は一日3回に増え、だいぶ腰が据わってきます。

バウンサーで寝ることはほとんど無くなります。メインの使用方法は離乳食時のイス代わりです。
あとはハイハイのバリケード代わりですね笑。

1才

離乳食のイスはバウンサーからイスに移り変わりつつあります。
腰がすわり、掴まり立ちができるようになりました。

メインの使用は卒業ですね。

私は「ベビービョルン」のバウンサーを双子用に2台購入しました。

カバーシートが洗えるのが清潔でとっても便利です。
双子の赤ちゃんを両足で揺らしながら休憩できて助かりました!

\私はここで買いました♪ /

まとめ:双子育児にバウンサーはオススメ

「バウンサー」についてメリット・デメリットをまとめました。
双子育児にバウンサーは本当におすすめです。
育児が大変なパパ・ママに参考になればうれしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次